news RSS



2021年7月 渋谷Bunkamura個展を終えて

開催期間:2021 7/1(木)~7/7(水) 場所:渋谷Bunkamura Box Gallery   2021年夏の渋谷Bunkamura個展が終了しました。    今展のテーマは「ETERNITY –永遠–」。命を純粋に繋いでいく動物の姿や、これからもずっと続いていく自然の力強さと美しさをガラスの中に表現しました。 昨今のコロナ禍/オリンピック関連のニュースを見聞きしていると、ちょっとした事で心がささくれ立ち、気持ちを平穏でいられなくなることもしばしば。短期的な視野で見れば、この一年半は本当に泥の中で踠いている様な苦しさや身動きの取れなさがありました。長期的に見れば「あの時は大変だったよね」と濃縮されたわずかな期間の様に感じる時が来るかもしれません。とにかく先を見据え、キラキラと美しいモノに身も心も預ける瞬間が大事なのでは?と臨んだ今個展でした。    本を一から作り(製本)、カバーごとくり抜き、焦がし汚す。ガラス作品を作るのとは違う技術、頭のスイッチが必要ですが、個展の雰囲気作りには欠かせない存在(実はものすごい手間がかかります)。そんな本型の額を購入希望される方も増えており嬉しい限りです。まだまだ作りたい本型のディスプレイがあるので、それは一つずつ実現していけたらと思っています。    普段はそこまでこだわりが強くない私ですが、個展会場や、作品、パッケージとなると話は別で、とことんこだわりたくなります。「なぜそこまで」という感想を頂くこともあるんですが、例えばどこかの専門店に頼んだとしても、ライセンス契約でも結ばない限りは、同じ様なパッケージやディスプレイ用品は他の作家も扱うことができるわけです。作品を独学でオリジナルの技法で生み出す様に、演出するものも唯一無二であった方が、作品も高まるし説得力があります。    今回の個展もたくさんのお客様にご覧いただけました。「初めてこういうアートを見ました」や「感動しました」という、若干ムズムズするお褒めの言葉をいただきました。私の目指すところは皆さんにとってより良い作品です。技法や表現に陶酔しすぎることなく、自己表現に偏ることなく、皆さんの心に響く「喜ばれる作品」をこれからも生み出していきたいと思っています。

続きを読む



2021年6月 京都個展を終えて

開催期間:2021 6/2(水)~6/7(月) 場所:アートギャラリー北野 1F   2021年初の個展は京都でした。  昨年からずっと続いているコロナ禍の影響は京都でも顕著で、海外からの観光客はほぼゼロ。国内観光客もほとんど居ない状況下での個展でした。 このギャラリーは三条河原町の大通りに面していて、普段だったら物凄い数の歩行者で賑わう立地。『歩行者から目立つディスプレイ』を意識して飾り付けたウィンドウディスプレイは、それほど多くはなかった歩行者の視線を傾け、中へと誘う事に成功しました…が、私個人的には『もっと出来た』と後悔も残るディスプレイでした。この悔しさを次回(2022年3月予定)の個展に生かしたいと思います。    私の作品は小さいので、通りがかりの方にアピールするにはインパクトが足りません。なので本のディスプレイでちょっとした違和感を演出しています。電子書籍化が進む昨今は、大きな(分厚い)本を目にする機会も少なくなってきました。なので、街中などで大きな本が視界に入ると無意識に気になると思うのです。作品を高める相棒として『本』の存在は大事な要素と考えています(本=製本も全て私の作品です)。イメージ=「ものがたり」「研究資料」「博物画」など…    今展から初登場だったのが『見開きの本の中央部にジオラマ』の額。もう何年も前に思いついてはいたものの、なかなか取り掛からなかったアイテムです。 白く綺麗な壁のギャラリーでした。多くの作品を額装にし、等間隔に配置する事で統一性を出したのですが、単調なリズムと多すぎる情報量が見る方の『気楽に見るアート』の良さを消してしまいました。人通りも多く、深い意図を持たず入って来られる方もいらっしゃる場所なので、そこまでの配慮が足りなかったと反省。    照明もこだわりの一つです。ブルー系のガラスにはあまり適さないのですが、レトロな感じのする照明をセレクトしています。個展会場に入ったら冒険が始まるような、研究室に迷い込んだような…そんな感覚を覚えてもらえる様にレイアウトしています。 多くのお客様が長い時間滞在して下さいました。作品を見ている(選んでいる)時間や、お話ししている時間は、普段のことを忘れ、しばし私の頭の中の世界観に浸って下さった事と思います。     来春もこの場所に戻ってまいります。今回感じた事、反省を生かして、さらに素晴らしい個展を開催したいと思っていますので、また次回も楽しみにしていてください。ありがとうございました。

続きを読む



bunkamura202107

  場所:渋谷Bunkamura Box Gallery(Bunkamura1F)開催期間:2021 7/1(木)~7/7(水)開催時間:10:00~19:00 ※最終日は17:00まで「営業時間が変更になる場合がございますので、ご来場の際にはHPにて事前のご確認をお願いいたします。」作家(ナカダマサヒデ)は開催中在廊してます。   今展のテーマは「ETERNITY –永遠–」。命を純粋に繋いでいく動物の姿や、これからもずっと続いていく自然の力強さと美しさをガラスの中に表現しました。見つめていると、ふと時間を忘れてガラスの中の世界に入り込んでしまう様な、ひと時の永遠を感じて頂けたら幸いです。  

続きを読む



kyoto202106

京都個展2021年6月  今展のテーマは「ETERNITY –永遠–」。命を純粋に繋いでいく動物の姿や、これからもずっと続いていく自然の力強さと美しさをガラスの中に表現しました。見つめていると、ふと時間を忘れてガラスの中の世界に入り込んでしまう様な、ひと時の永遠を感じて頂けたら幸いです。 場所:アートギャラリー北野 1F 京都市中京区三条通河原町東入ル恵比須町439-4 コーカビル 開催期間:2021 6/2(水)~6/7(月) 開催時間:11:00~19:00 ※最終日は17:00まで 「営業時間が変更になる場合がございますので、 ご来場の際にはHP/SNSにて事前のご確認をお願いいたします。」 作家(ナカダマサヒデ)は開催中在廊してます。    小さなガラスの中に、動物、植物、そして宇宙を表現するアート。ディテイル部分へのファッション的感性と、その微細なシェイプを可能にする独自のクラフト技術から生まれる「1cmの宇宙」。   ※ 【ナカダマサヒデ:作家プロフィール】 法政大学在学中に色彩能力検定1級取得。イギリスを代表するデザイナー、ポールスミスにてファッションにおける様々な経験を積む。2002年独学でガラス工芸を始める。百貨店・ギャラリーにて展示。マリンダイビングフェア(池袋サンシャイン)に出店。名古屋LACHICイベント・神戸TORGALLERYにて個展。表参道ヒルズgallery80個展。渋谷区の大型複合文化施設Bunkamura Box Galleryにて毎年2回個展。

続きを読む



エントリーモデル

私の作品を知ってはいるものの、なかなかご縁が無かったり。価格的に手が出しにくかったり。自分用には持っていて、大事な人にプレゼントしたいけど、予算的に難しかったり・・・。そんなお声に応えるべく、エントリーモデル(entry model)と称し、通常販売用の作品を「初めての方」や「プレゼント用」に価格を変更致しました。※リピーターの人で自分用でも大丈夫ですよ。【作品には通常通りシルバーチェーン&革紐が付属します。加えて今回のエントリーモデルフェアではペンダント飾り台が付属します(通常は飾り台か飾り額かどちらか選べます)。 ■ お支払い方法について■こちらのサイトではクレジットカードのみの決済方法となっておりますが、旧オンラインサイトにて【代引き】【銀行振り込み】なども対応できます。その場合はメールなど(Twitter/Instagram/Facebookのメッセージでも可)でお気軽にお申し付けください。※このページの下部にも【お問い合わせ】リンクがございます。   https://masahidenakada.myshopify.com/collections/sale

続きを読む